PyTorchインストール時のCUDAバージョンの選び方

PyTorchは人気の機械学習フレームワークの一つであり、他フレームワークの例に漏れずGPUの使用をサポートしています。GPUを使用できる構成でPyTorchをインストールする場合、インストール時にCUDA Toolkitのバージョンを指定する必要がありますが、このバージョン選択で環境にそぐわないものを選んでしまうと、GPUを使用する構成でPyTorchをインストールしたにもかかわらずプログラムがGPUを使用せずに動作してしまいします。本記事では、PyTorchインストール時のCUDAバージョンの選び方を解説します。

“PyTorchインストール時のCUDAバージョンの選び方” の続きを読む

【Hacker101 CTF】 Postbook解説 パラメータタンパリングによる初歩的なセッションハイジャック

【注意】本記事にはHacker101 CTF Postbookの解答に係る要素が多分に含まれています。当該CTFを独力で解きたい方は、後ほど参照することをお勧めします。
Hacker101はセキュリティに関する無料のコースを提供しているサイトであり、バグバウンティのプラットフォームであるHackerOneにより運営されています。Hacker101 CTFはHacker101で提供されているコンテンツの一つです。本記事ではHacker101 CTFで出題されているPostbookを解説します。

“【Hacker101 CTF】 Postbook解説 パラメータタンパリングによる初歩的なセッションハイジャック” の続きを読む

【Hacker101 CTF】 Hello World!解説 ELFファイル(x86-64)の解析

【注意】本記事にはHacker101 CTF “Hello World!”の解答に係る要素が多分に含まれています。当該CTFを独力で解きたい方は、後ほど参照することをお勧めします。
Hacker101はセキュリティに関する無料のコースを提供しているサイトであり、バグバウンティのプラットフォームであるHackerOneにより運営されています。Hacker101 CTFはHacker101で提供されているコンテンツの一つです。本記事ではHacker101 CTFで出題されているネイティブコードに関するCTF”Hello World!”を解説します。

“【Hacker101 CTF】 Hello World!解説 ELFファイル(x86-64)の解析” の続きを読む

【Docker】Dockerfileのビルドに伴って生成される<none>:<none>イメージを削除する

Dockerはアプリケーションをコンテナとして提供するソフトウェアです。コンテナの基となるDockerイメージを構築するために記述されるファイルはDockerfileと呼ばれます。本記事では、DockerfileからDockerイメージをビルドする際に生じるdanglingイメージとその削除について解説します。

“【Docker】Dockerfileのビルドに伴って生成される<none>:<none>イメージを削除する” の続きを読む

pipでのuWSGIのインストールが”ModuleNotFoundError: No module named ‘_ctypes'”で失敗する

pipはPythonに同梱されているパッケージマネージャであり、uWSGIはPythonで製作されたウェブアプリを実行するためのソフトウェアです。本記事ではpipでuWSGIをインストールする際、ModuleNotFoundError: No module named ‘_ctypes’でインストールが失敗する場合の対処法を紹介します。

“pipでのuWSGIのインストールが”ModuleNotFoundError: No module named ‘_ctypes’”で失敗する” の続きを読む

ソースからのPythonインストールが”ModuleNotFoundError: No module named ‘zlib'”エラーで失敗する

pipはPythonに同梱されているパッケージマネージャです。本記事ではPythonをソースからインストールする際、”ModuleNotFoundError: No module named ‘zlib'”といったエラーでインストールが失敗した場合の対処法を紹介します。

“ソースからのPythonインストールが”ModuleNotFoundError: No module named ‘zlib’”エラーで失敗する” の続きを読む

“WARNING: pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available. “と表示されてpip installが失敗する

pipはPythonに同梱されているパッケージマネージャです。本記事ではpipでパッケージをインストールする際に”WARNING: pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available.”と表示されインストールが失敗する場合の対処法を紹介します。

““WARNING: pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available. “と表示されてpip installが失敗する” の続きを読む

Condaの仮想環境でuWSGIのインストールに失敗する

CondaはAnacondaに同梱されているパッケージ・仮想環境マネージャです。Pythonを使う際、CondaやVirtualenvで仮想環境を作って利用されている方も少なくないと思います。uWSGIはPythonで開発されたWebアプリを動作させるために利用されるソフトウェアです。本記事ではCondaの仮想環境にuWSGIをインストールする際に発生するエラーの対処法を紹介します。

“Condaの仮想環境でuWSGIのインストールに失敗する” の続きを読む

uWSGIでDjangoアプリに環境変数を設定する

PythonのwebフレームワークであるDjangoで製作したアプリを動作させる際、選択肢の1つとして挙がるのがuWSGIです。Djangoアプリに設定する秘密鍵(SECRET_KEY)などの設定値は、Djangoの公式ドキュメントでも言及されているように、環境変数を使用するなどしてアプリのソースとは独立に設定することが推奨されています。本記事では、uWSGIでDjangoアプリに環境変数を設定する方法を紹介します。

“uWSGIでDjangoアプリに環境変数を設定する” の続きを読む

【Linux】Ubuntuのローカル環境でフラッシュ(SWF)を再生して「くまのプーさんのホームランダービー!」をプレイする

ウェブページ内のフラッシュコンテンツやローカルに保存されているSWFファイルは、以前からChromeではデフォルトで再生できなくなっています。さらに、Adobeが2020年いっぱいでFlash Playerの更新と配布を終了する旨を発表したことに伴って、Chromeも同じく2020年にフラッシュのサポートを終了することを公表しています。ブラウザでは2020年以降はもうお手軽にフラッシュゲームをプレイできません。本記事では、Adobeが公開しているFlash Player Projectorを使って、Ubuntu(Linux)上でブラウザを使用せずにフラッシュを再生する方法を紹介します。

“【Linux】Ubuntuのローカル環境でフラッシュ(SWF)を再生して「くまのプーさんのホームランダービー!」をプレイする” の続きを読む